• コース説明
  • エントリー
  • スタート地点バス
  • Q&A
  • 試走用入山届
  • ボランティア募集
  • リザルト
  • フォトギャラリー

協賛

  • 日本薬品開発株式会社
  • コンセプト

  • 選手通過情報WEB速報サービス
    youtube
  • youtube
  • facebook

主催

  • 愛知県
  • 新城市
  • 設楽町
  • 東栄町
  • 豊根村
  • 中日新聞社

共催

  • 茶臼山高原
  • 愛知大学地域政策学部
  • 愛知県オリエンテーリング協会

PR

  • Da MONDE TRAIL
  • アイスポ
  • 奥三河マラソンシリーズ

奥三河パワートレイル2017 Q&A

<交通について>

【Q】大会前日に受付する湯谷温泉会場には駐車場がありますか?

【A】申し訳ございませんが、駐車スペースはございません。大会指定駐車場(ふれあいパークほうらい)をご利用いただき、無料シャトルバスで受付会場までお越しください。

【Q】大会指定駐車場の「ふれあいパークほうらい」は、いつ利用できますか?

【A】4月29日9:30~20:00、4月30日2:30~22:00に、無料でご利用いただけます。夜間の駐車は可能としますが、安全管理上施錠します。29日午後8時~翌30日午前2時30分は、車両の出入りはできませんのでご注意ください。「ふれあいパークほうらい」は約250台の駐車スペースがございます。また「ふれあいパークほうらい」内のグラウンドも駐車が可能で、併せて最大約700台の駐車が可能です。ただし、雨天時はグラウンドが使用できないため、周辺の駐車場へご案内させていただく場合があります。

【Q】大会当日、スタート会場の茶臼山高原へはどのように行けばよいですか?

【A】公共交通機関はございません。「豊橋駅発」、「ふれあいパークほうらい発」、「湯谷温泉発」のシャトルバスをご利用ください(有料、要事前申込)。自家用車での来場またはご家族やご友人の車両での送迎も可能です。ただし、周辺道路を一部コースとして使用するため、競技開始前後は通行規制を行いますので、お時間に余裕を持ってお越しください。

【Q】スタート会場(茶臼山高原)へのシャトルバスは予約が必要ですか?

【A】はい、事前申し込みが必要です。「ふれあいパークほうらい発」「湯谷温泉発」はお一人様3,000円、「豊橋駅発」は3,500円でご利用いただけます。お申込みは4月10日に締切ましたが、ご希望の選手で申し込みをされていない方は、お急ぎ下記へお問合せください。 問合せ先: JTB中部 メール:​jtbc.sedesk@cub.jtb.jp 電話:052-211-6715

【Q】スタート会場に自家用車で行った場合、ゴール後、湯谷温泉からスタート会場に戻るアクセスはありますか。

【A】申し訳ございませんが、ゴール地点からスタート会場へ戻るアクセスはございません。公共交通機関もないため、車は大会指定駐車場(ふれあいパークほうらい)に駐車していただき、スタート会場へはシャトルバス(有料、要事前申込)をご利用されることをお勧めします。

【Q】ゴールした後の帰る方法を教えてください。

【A】大会指定駐車場(ふれあいパークほうらい)へは、ゴール会場から無料シャトルバスをご用意しています。公共交通機関をご利用の方は、豊橋方面への最終列車が湯谷温泉駅21:39分発となります。豊橋駅から東京方面へ新幹線を乗り継ぐ場合は湯谷温泉19:13発、新大阪への新幹線乗り継ぎは湯谷温泉20:47発が最終です。(201​7​年​4​月​12日​現在)

<宿泊について>

【Q】宿泊の斡旋はしていますか?

【A】斡旋、予約手配はしておりませんが、「トレラン応援の宿」として、選手の皆さんを応援している宿泊施設をご紹介しています。詳しくは各宿泊施設へお問合せください。
参照: http://powertrail.co.jp/accommodation.pdf

【Q】どのあたりに宿泊するのが便利ですか?

【A】早朝スタートの大会ですので、奥三河地域(新城市、設楽町、東栄町、豊根村)にご宿泊されることをお勧めします。地元宿泊施設がランナーを支援する「トレラン応援の宿」も準備しています。電車でお越しの場合は、前日受付・ゴール会場のある湯谷温泉地区が便利です。スタート地点まではシャトルバス(有料、要事前申込)が出ます。

【Q】奥三河地域で宿をとれなかったのですが・・・

【A】大会当日は豊橋駅からもシャトルバス(有料、要事前申込)が出ますので、豊橋駅近辺の宿泊施設もご利用いただけます。

<前日受付について>

【Q】大会当日の受付は可能ですか?

【A】受付は前日のみとなっています。当日は受付いたしませんのでご注意ください。

【Q】受付に必要なものを教えてください。

【A】最終ご案内の際にお送りする受付票、誓約書、競技規則に明記している必携品です。(変更になる場合がありますので、詳しくは最終ご案内書をご確認ください)必携品は受付でチェックを行いますので、予めご用意の上、受付会場へお越しください。また必携品については、会場でも販売を予定しております。

【Q】競技説明会は必ず受けなければなりませんか?

【A】原則、受付終了後、参加者全員に受けていただき、会場で出欠を確認いたします。山岳コース上の危険箇所や、一部公道をコースとして使用する上での安全に関する注意事項、追い越し禁止区間等のご説明をいたしますので、必ずご参加ください。予定時間は①12:45~13:30、②13:45~14:30、③14:45~15:30、④15:45~16:30の合計4回(各回45分予定)実施で、エントリー時に受講希望時間を登録していただきます。

<競技について>

【Q】第2回のコースと変更点はありますか?

【A】今回は、コース中盤に通過する小松集落のロードで、一部ルートを変更しましたが、距離の変更はありません。今後、積雪や雨量の影響で安全に通行することができないと判断した場合には、コース変更を行う場合があります。

【Q】競技規則の「必携品」を持たないと失格になりますか?

【A】「必携品」は「レース中、必ず携帯する」ものとしてご理解ください。これらは、コースの特質や気象条件などを考慮して皆様の安全のため、指定させていただいたものです。★マークの装備は事前確認を行い、それ以外の装備については、特に確認しませんが、必携品①~⑩は、必ず携帯してください。もし、必携品を携帯していないことが分かった場合、失格とさせていただきます。また不携帯によりケガや事故が起こった場合は、選手ご自身の責任となってしまいますので、ご承知おきください。【必携品装備例(写真)】

【Q】ライトを複数持つ場合も、予備バッテリーは必要ですか?(例:ヘッドライトとハンドライト)

【A】予備バッテリーは必要です。例えば、ヘッドライトとハンドライトを持つ場合、両方のライトの予備バッテリーを持つことを推奨しますが、必携品チェックでは、どちらか片方の予備バッテリーがあれば構いません。

<その他>

【Q】参加賞にはどのようなものがありますか?

【A】関谷醸造様より、大会オリジナルの日本酒をご提供いただきます。樹の恵本舗様より、足リラシートをご提供いただきます。H+Bライフサイエンス様より、粉飴500gをご提供いただきます。

【Q】コースを試走することは可能ですか?

【A】試走可能です。ただし試走禁止区間を設けております。詳しくはコースマップやホームページでご案内する試走に関する注意事項をご参照ください。またコース上のマーキングは大会直前まで行っておりませんので、コースマップや市販の1/25,000の地形図等で各自事前確認の上、試走を行ってください。なお、試走の際は、ホームページ上の「試走用入山届」フォームに登録の上、注意事項を順守して実施してください。